トップページ 仙北地区 仙台市近郊 仙台市内 仙南地区
みやぎ介護サービス便利帳

  まほろばの里たいわ

経営主体 社会福祉法人 まほろば
所在地 宮城県黒川郡大和町吉岡まほろば2丁目2番地の4
電話・FAX TEL 022-779-7785 FAX 022-779-7786
開設年月 平成24年5月28日
居室改修  
E-mail s-satou@mahoroba-swc.or.jp
URL

http://mahoroba-swc.or.jp


 
     
   
左上:展望テラス
中上:施設エントランス
右上:ユニット浴室
左下:ユニットリビング
右下:併設託児所
 

 

定員別
個室
2人
3人
4人
その他
居室合計
入居総定員
部屋数
60室
4室
0室
8室
0室
72室
100名
  1.7 : 1

 

居室使用料

個室1,970円 多床室(2人、4人部屋)840円(日額)

食事費 1,380円(1日)
光熱水費 電化製品持込の場合1日50円(1品あたり)
その他 貴重品管理費用 1,500円(月)※希望者のみ
月額合計
30日で計算 介護サービス費+食費+居住費の合計
【ユニット型個室】  単位 円   【多床室】  単位 円
負担 1割 2割 3割
要介護1 121,920 143,340 164,760
要介護2 123,930 147,360 170,790
要介護3 126,120 151,740 177,360
要介護4 128,130 155,760 183,390
要介護5 130,140 159,780 189,420
 
負担 1割 2割 3割
要介護1 85,290 103,980 122,670
要介護2 87,330 108,060 128,790
要介護3 89,430 112,260 135,090
要介護4 91,470 116,340 141,210
要介護5 93,450 120,300 147,150

※上記金額の他に医療費・電気料金・貴重品管理費用がかかります。



  直近の待機状況は宮城県長寿社会政策課政策課ホームページ『老人福祉施設関連(在宅・施設支援班)』の老人福祉施設等入所状況をご参照ください。  

平成30年7月1日現在
81名

 


   

当施設は、大和町の中心部に位置し七つ森の山々に囲まれた自然溢れる環境にあり、「いつでも誰でも集える、暮らせる小さな街を目指して」をコンセプトに入居者・職員が「一緒に生活をする」感覚でのケアの提供を目指しています。事業所内の託児所が施設内にあり、子どもと触れ合うことが気軽にできるので、職員・入居者共に笑顔溢れる環境になっています。
リハビリにも力を入れており、理学療法士・作業療法士・音楽療法士を配置し、入居者の皆様の身体状況に合わせたリハビリテーションを実施しています。楽しみを持った生活を送っていただけるよう、様々な行事の企画や、外出支援等も実施しています。
研修について、当施設では職員のサービスの質の向上のために、最低月1回の施設内部研修の実施、施設外部研修の積極的な参加を行っています。資格取得についても、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得講座を当施設内で実施し、資格取得の支援を行っています。
地域の皆様に対しては、年1回以上の地域向けの研修会(認知症研修、移乗動作の研修)を開催し、地域の介護力向上のための取り組みを実施しています。

 


   

当施設では、入居者のプライバシーの保護、人権擁護については特に重要視して日々の介護サービスの提供を行っております。具体的な取り組みとしては、排泄介助時や入浴介助時のプライバシーへの配慮について委員会での検討や研修による職員への周知、4人部屋・2人部屋の設えについては、個人のプライバシーに配慮した作りにしています。入居者の個人情報保護については、ホームページ・広報誌等に入居者の顔を掲載する場合、予め重要事項説明書の中で本人・家族へ説明し了承を得た方のみの掲載を行っています。

 
 

当施設では原則身体拘束を行いません。緊急やむを得ない場合に身体拘束を行う場合は、当施設内の委員会にて検討し、身体拘束を行う範囲を必要最小限に限定して行います。

 


当施設ではユニットケアを実施しております。1ユニット10名の入居者に対し職員を固定し「なじみの関係」を作っています。ユニット数は、短期入所を含め12ユニットあり、それぞれのユニットで「家」を作り、「職員・入居者が一緒に生活をする」感覚でのケアの提供を行っています。



食事は業者委託で行っています。一部ユニットでは炊飯はユニットで実施しています。
食事時間 朝食8:00〜10:00 昼食12:00〜14:00 夕食18:00〜20:00


入浴については、入居者の希望に合わせ最低週2回の入浴を実施します。浴室については、個浴となっており、リフトタイプの浴槽を各ユニットに設置しております。入居者の希望や身体状況に合わせた入浴を実施しています。
また、体調不良等で入浴ができなかった場合は、全身清拭を実施します。



排泄については、入居者の排泄パターン・水分摂取量・身体状況を把握し入居者に合わせた排泄の支援を行っています。また、布パンツへの移行も行っており、「脱オムツ」によって入居者の生活の質の向上に努めます。




嘱託医師を配置し、週3回医師による回診を行います。歯科については、協力歯科医院と連携し、歯科衛生士・歯科医師の往診を受けることができます。
看護師は、正職員5名、臨時職員3名配置しております。看護師の夜勤も行い昼夜共に入居者の健康状態の観察に努めています。   



吉岡QQクリニック ■公立黒川病院 まほろば歯科クリニック

理学療法士・作業療法士・音楽療法士を配置し入居者に身体状況や望む生活に合わせたリハビリテーションを行っています。また、デイサービスには柔道整復師を配置し、リハビリテーションに重視したサービスの提供を行っています。



入居者の状態に合わせ必要時通院介助を実施します。
外出については、入居者の希望を聞き取りユニット毎に外出計画を立案し実施しています。
理美容については、毎週火曜・金曜に外部業者が来所し、理美容サービスを実施しています。(費用については自己負担となっています)



前の施設を見る
次の施設を見る

一万人市民委員会とは 特別養護老人ホーム検索