トップページ 仙北地区 仙台市近郊 仙台市内 仙南地区
みやぎ介護サービス便利帳

  聖母の家

経営主体 社会福祉法人 あけの星会
所在地 宮城県角田市横倉字丸山1
電話・FAX TEL 0224-62-1731 FAX 0224-62-1720
開設年月 平成2年5月25日
居室改修  
E-mail seibo@akenohoshi.or.jp
URL

http://www.akenohoshi.or.jp/


 
     
 
左上:正門
中上:聖母ホール
右上:聖母ホール外観
左下:マリヤの家
 

 

定員別
個室
2人
3人
4人
その他
居室合計
入居総定員
部屋数
2室
12室
14室
53名
  1 : 3


 

居室使用料
機‖疹下 月額 0円 (利用者負担第1段階)
  月額 11.000円 (利用者負担第2〜3段階)
  月額 26,000円 (利用者負担第4段階)
供―祥莊晋勅 月額 10.000円 (利用者負担第1段階)
  月額 13,000円 (利用者負担第2段階)
  月額 25.000円 (利用者負担第3段階)
  月額 36,000円 (利用者負担第4段階)
食事費 利用者負担第1段階 月額9,000円 第2段階 月額12,000円 第3段階 月額20,000円
第4段階 月額42,000円
光熱水費  
その他 夜勤職員配置加算 月額390円  サービス提供体制加算 月額180円
栄養マネジメント加算 月額420円  口腔衛生管理体制加算 月額30円
月額合計 40,000円台〜100,000円台 (要介護度、利用者負担段階による)


  直近の入居希望者状況は宮城県長寿社会政策課政策課ホームページ『老人福祉施設関連(在宅・施設支援班)』の老人福祉施設等入所状況をご参照ください。  

令和2年10月1日現在
50名

 


   

聖母の家は、「自分がしてほしいと思うことを相手にしてあげる」というキリストの愛の精神をもって、職員一丸となり利用者様のケアにあたっております。
利用者様やご家族の皆様、職員同士、そして地域の皆様と一緒に、「お互い様の心」、「支え合いの心」を持ち、『共に助け、共に生きる』という基本理念を常に念頭に置き、明るく幸せな日々をお過ごしいただけますよう努力しております。

 


   

介護サービスの提供開始時、個々人のケアプラン作成時、サービス利用料等に関する事項について、入所者等に対する 説明及び同意の取得に努めている。また、入所者の権利擁護の為に、成年後見制度及び地域福祉権利擁護事業の活用 を推進している。

 
 

身体的拘束を禁止する当施設の理念を、サービス契約書に明記している。また、身体的拘束禁止を継続する為の取り組みとして、ケア全体の向上、生活環境の改善を図る為の介護マニュアルの作成や、身体拘束廃止委員会を設置し対応している。

 


併設サービスとしての短期入所生活介護において、一部ユニットケアを取り入れ、利用者が相互に社会的関係を築き、自律的な日常生活を営むことができるよう、利用者の心身の状況等に応じた適切な技術を持って介護を行う。 



利用者個々にあった生活の場での食事を提供する。
毎日の食事は、入所者、利用者のニーズに応じ、厨房職員による手作りの家庭料理を提供する。 
栄養補助食品として、日本シャクリー社製のカルシュウム剤、インスタントプロテインを活用する。



機械浴と一般浴とし、できるだけ希望の時間に入浴していただく。
入浴は、介護職員がペアになって介助し、万全の処置を講じる。
入浴できない入所者、利用者には介護職員による清拭を行ない清潔を保つよう努める。




自力、車椅子、歩行補助器による移動可能な入所者、利用者は、寝たきりにならないように残存機能維持訓練を兼ねて、極力トイレへの案内をする。ただし、夜間はポータブル便器をベットサイドにおいて使用する。
オムツ交換は、随時行うこととし、冬季明け方のオムツ交換時の快適暖房に配慮する。
ポータブル便器は、個人専用とし隔週土曜日に介護職員が清掃消毒を行う。

非常勤嘱託医師 内科1名、歯科1名、精神科1名、常勤正看護師2名、准看護師3名

みやぎ県南中核病院(大河原町)

リハビリテーション等の実施について ケアプランに沿って、個々のメニューを作成・実施しケアカンファレンス時に結果評価を行う。


居宅サービスとして、短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護。(一部ユニット型有り)
理容・美容サービス、移動販売、送迎車有り(乗用車2台、ワゴン車5台)


次の施設を見る

一万人市民委員会とは 特別養護老人ホーム検索